全身脱毛の前と後、化粧はどうすればいいのか?すっぴんで行くべき?

今日は顔の脱毛の日♪

でもそういえば…化粧してきちゃった!!今日の予約、断られちゃうのかな!?

そんなことを思う人も多いと思います。

また、もしすっぴんで来てくださいと言われても、サロンまでの道をすっぴんで、なんてちょっと抵抗がありますよね。

ということで、今回は全身脱毛の予約日は、すっぴんで行くべきなのか?ということについてご紹介したいと思います♪

施術前

施術日はすっぴんじゃなくてもOK

顔脱毛の施術日であっても、
当日はメイクをしていって大丈夫です。

クレンジング剤を置いていたり、スタッフさんがメイクを拭き取ってくれたりとその対応は様々ですが、基本的にはサロンでメイクを落とすことができます。

また、大手のサロンであれば、クレンジング剤も店舗に常備してあり、基本的には持参する必要はありません。

だから、顔脱毛だからと特に身構えず、いつも通りサロンに行けばいいんですね☆

ちなみに、口まわりの施術の場合、サロンによってはアイメイクは落とさなくても良い、というところも。

時間のかかるアイメイク、落とさなくていいのはとってもラッキーです♪

ともかく、顔の脱毛であってもメイクしていって良いのはとってもうれしい!

すっぴんに抵抗がある人はもちろん、会社帰りに寄りたい、という人にも安心ですね☆

日焼け止めは避けた方が良い

施術日当日のお化粧はOK。

でも、実は……当日施術前の日焼け止めは、NGなんです!

脱毛は、ムダ毛に含まれる黒色の色素であるメラニンに反応して熱を発します。

でも、日焼け止めの種類によっては、これを阻害してしまうことがあるんだそうです。


日焼け止めでもSPFの高いものを塗ると、肌が白くなってしまいますよね。

毛穴でもこれと同じ状態が起こっており、日焼け止めが毛穴に詰まり、ムダ毛が隠れてしまうのです。

そのため、黒色に反応する脱毛の光が、日焼け止めを塗っていると効果を発揮できなくなってしまう場合があるんですね。

ただし、脱毛の前に日焼けをしてしまうのは、それはそれで脱毛をするにあたっては不都合。

そのため、日焼け止めは使用せず、帽子や長袖などで日焼けを防ぐのが最も望ましいです。

また、日焼け止め自体が脱毛の光に反応してお肌に悪影響を及ぼす、ということはありません。

だから、施術箇所以外は、いつも通り日焼け止めを塗ってきても大丈夫ですよ。

さらに、どうしても施術箇所に日焼け止めを使用したい場合は、ウォータープルーフやクリームタイプの落ちづらいものは使用せず、リキッドタイプなどの落ちやすいものを使用するようにし、サロンではスタッフさんにひとこと伝えるようにしましょう。

施術後

施術後のメイクも可能


脱毛サロンでの施術後、メイクをして帰ることも可能です。

ただし、脱毛直後のお肌はとっても敏感な状態。

保湿液などを持参して、しっかりと保湿を行なった上でメイクをするのが望ましいです。

また、パウダールームの有無は店舗によっても変わります。

初回のカウンセリング時に、聞いてみるのがいいですね。

ただし、メイク道具の貸し出しを行なっているサロンは、調べたところありませんでした。

メイクをして帰りたい!という人は、忘れずメイク道具を持っていってください☆

日焼け対策はしっかりと

施術前の日焼け止めはNGでしたが、施術後の日焼け止めはむしろおすすめです。

脱毛直後のお肌は、いわば軽いやけどをしたような状態です。

そのため、施術後は日焼けは厳禁!

やけどの上から日焼けをしてしまうと、やけど状態が悪化してしまいます。

だから、施術後はしっかりと日焼け対策を行なうのがベスト。

お肌に負担の少ない、SPF値の低いものを使用して、紫外線からバリアしてください。

また、日焼けNGの敏感な状態は、施術直後だけでなく数日間続きます。

海や山などのアウトドアの直前には、施術の予約を取らないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

まとめると、

・メイクは施術前後どちらもOK!

・日焼け止めは、施術前はNG、施術後はOK!

ということなんですね。

メイクに関しては特に気をつけるところはありません。

いつも通りで大丈夫ですよ☆

日焼けに関しては、細心の注意が必要です。

きちんと理解し、心がけるようにしてくださいね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする