脱毛施術当日の準備まとめ。服装や持って行くもの。

今大人気の全身脱毛!

でも、脱毛なんて初めての人がほとんど。最初は少し不安ですよね。

ここでは、脱毛の前後の準備として気をつけるべきことをまとめました。

ここにあることをきっちりと守れば、安心して当日を迎えることができますよ♪

脱毛期間中ずっとすること

日焼けをしない


脱毛に日焼けは厳禁!

光脱毛はムダ毛の黒い色に反応して効果を発揮するもの。

だから、お肌が黒く焼けてしまうと、その効果も半減してしまうんです。

また、乾燥も脱毛の大敵。

あまりにも乾燥がひどいと、脱毛施術を断られてしまうこともあるんだとか…。

日焼けは、そんな乾燥の原因にもなってしまうので注意が必要です。

脱毛前の最低でも1ヶ月は、ひどい日焼けをしないように心がけましょう。

毛抜き・除毛クリーム等を使用しない

脱毛を申し込んでいる期間は、毛抜きや除毛クリーム等を使用してはいけません。

脱毛中のムダ毛の処理は、基本的にカミソリなどのシェーバーで行ってください。

サロンで行う光脱毛は、ムダ毛に熱を照射し、ムダ毛を伝ってその毛根に働きかけるもの。

そしてその時に毛根にムダ毛が一切生えていないと、効果が発揮されないのです。

だから、毛抜きなどで毛根から毛を抜いてしまうと、その抜いた箇所は脱毛効果が得られない、なんてことに…。

脱毛の施術期間中は、シェービング以外の脱毛方法は行わないようにしましょう。

1ヶ月以上前からすること

生理の予定を確認

特にデリケートゾーンの施術を予定している人は、生理がかぶらないか注意が必要。

生理中は、デリケートゾーンの施術は完全NGです。

また、デリケートゾーン以外の施術を予定している方も、できれば避けておいた方が無難。

生理中は普段よりもお肌が敏感になり、ホルモンバランスも乱れがちになるため、効果が薄くなってしまう場合も。

また、そのような理由から、デリケートゾーン以外の施術であっても、生理中は無条件に施術を断られるサロンもあるようです。


早めに予約の変更をすれば変更手数料などのお金はかからない、というサロンも多いです。

施術日が近づいてきたら生理の予定日を確認して、生理が施術日とかぶらないようにしましょう。

予防接種等の予定が近づかないようにする

予防接種等の予定がある人は、こちらも重要。

施術前後10日以内に予防接種の予定があると、施術してもらえないサロンが多いです。

予防接種を受ける際は、施術の日からできるだけ日数をあけるようにしましょう。

前日にすること

シェービング

前日に必ず忘れてはいけないのが、シェービング!

シェービングがきちんとされていないと、シェービングの別料金を取られたり、場合によっては施術自体を断られてしまうなんてことも…。

できれば、施術の2〜3日前からシェービングを行い、前日に最終チェックをして万全の体制で当日を迎えられるようにしましょう。

お酒を飲まない

多くのサロンでは、施術前後12時間の飲酒が禁止されています。

お酒が好きな方は少し残念かもしれませんが、施術の前日と施術日は、お酒を飲まないようにしてください。

当日にすること

日焼け止めは塗らない

忘れがちですが、当日施術前は日焼け止めは厳禁です!

これは、日焼け止めの成分が毛穴に入り込むと、脱毛光がうまく毛根まで照射されず、せっかくの光脱毛の効果が半減してしまうためです。

日焼け止めを塗っていくと、施術を断られてしまう場合もあります。

うっかり日焼け止めを塗ってしまわないよう、気をつけましょう。

服装は自由

脱毛を受けるにあたって、特に服装の指定はありません。

サロンに行ったら、指定の施術着に着替えてしまうため、どんな服装でも特に関係ないんですね♪

ただし、施術後の敏感なお肌をいたわるのであれば、できればゆったりとした締め付けのない服装がベスト。

施術後のお肌に摩擦などによる負担をかけずに済みます。

また、施術後の日焼けはお肌にかなりの負担になってしまうので、日焼けを防ぐため、できれば長袖が好ましいです。

メイクはしていってOK

当日、顔の脱毛施術の予定があっても、メイクはしていってOKです。

サロンによって違いはありますが、スタッフさんがメイクを落としてくれたり、クレンジング剤が置いてあって自分で落としたり、ということが多いです。

また、顔脱毛の予定が無い方なら、施術にあたってメイクを落とすことはありません。

いつも通りで大丈夫です♪

サロンでメイクを落としてもらえるのなら、すっぴんで出歩くのに抵抗がある方でも安心ですね☆

当日の持ち物

・財布

・会員証

・保湿クリーム

・日焼け止め

・カミソリ、シェーバー

・カーディガン等の長袖(夏の場合)

・メイク道具(顔脱毛がある場合)

まず、財布と会員証は必須。忘れず持っていきましょう。

施術後のお肌はいわば軽いやけど状態。
とっても敏感になっています。

保湿クリームをたっぷりと塗って、お肌を保護してあげてください。

これにより、お肌が守られるだけでなく、脱毛の効果自体もアップします♪

また、日焼け止めは、施術前は絶対に塗ってはいけませんが、施術後はむしろ塗った方がいいです。

施術後のお肌が日焼けしてダメージを受けてしまわないよう、日焼け止めを持ってくるのがおすすめです。

特に日差しの強い季節なんかは、施術後に日焼けしてしまうことがないよう、きちんと日焼け止めを塗るようにしましょう。

カミソリは、シェービングが不完全だと直前に気づいたときに使います。

シェービングがきちんとできていないと、その場所は脱毛光を照射してもらえなかったり、サロンによっては別料金をとられてしまうところも…。

念には念を入れ、できれば直前にもう一度シェービングを行い、万全の状態でサロンへ向かうのがベストです。

さらに、夏はおそらく半袖を着ていると思いますが、そんなときにはカーディガンが1枚あるとベスト。

待ち時間の寒さ対策はもちろんですが、行き帰りの日焼け防止にもとっても有効です。

また、顔脱毛の場合はメイクを落とします。

メイク道具は貸出されないので、忘れず持っていくようにしましょう。

(顔以外の脱毛の場合は、メイクを落とすことはありません。)

敏感肌で、特定のクレンジング剤でないと肌荒れする!という方は、クレンジング剤も持っていくといいですね。

施術後にすること

保湿

まずは、なんといっても保湿!

軽いやけど状態にある施術直後のお肌には、保湿クリームで水分を与えるのがなによりも重要です。

保湿クリームをたっぷりと塗り、お肌の調子を整えましょう。

また、これによりお肌の調子が整うだけでなく、脱毛の効果もアップするので、とっても重要です!

日焼けしない


施術後2〜3日は、日焼けは厳禁!

やけど状態のお肌にさらにやけどを重ねるのは、とっても危険です。

施術後は日焼け止めクリームなどを塗ることを心がけ、

海や山などの紫外線をたくさん浴びそうなアウトドアの予定は、しばらく日程をあけるようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

脱毛前後の準備や流れなど、おわかりいただけましたか?

ここに書いてあることを守れば、安心して脱毛を受けることができますね♪

あなたも憧れの脱毛で、つるすべ肌をゲットしてください☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする