脱毛前の毛の自己処理、剃り方のコツ!肌を傷めずシェービングして脱毛サロンへ行こう!

脱毛前の毛の自己処理、剃り方のコツ!肌を傷めずシェービングして脱毛サロンへ行こう!

実は、サロンに通う日の前日には、必ずしなくてはならないことがあるということ、ご存知でしょうか?

それはシェービング。

実は、脱毛サロンで施術をしてもらう前日には、どこのサロンに通っていても必ずシェービングをする必要があります。

でも、脱毛なんてすることは、多くの人が初めてのはず。

「どうしてシェービングをしないといけないの?」「ちょっと面倒だから、忘れたふりしちゃったらダメかな…(笑)」など、様々な感想を持たれると思います。

そこで今回は、脱毛サロンへ行く日の前日にはどうしてシェービングが必要なのか?

ご紹介したいと思います☆

光脱毛って?

と、その前に光脱毛について、簡単にご紹介します。

光脱毛とは、脱毛をしたい箇所に特有の光を当てることによって、その部分に半永久的にムダ毛を生えてこなくすることができる美容方法。

永久脱毛とも呼ばれており、最近では、この永久脱毛ブームに乗って、続々と新しい脱毛サロンも誕生しているんだとか。

また、電車内の広告などでも多く宣伝されており、トリンドル玲奈ちゃんがイメージキャラクターをしていたミュゼや、キスマイの藤ヶ谷くんがイメージキャラクターをつとめていた銀座カラーなどは知名度も高く、みなさんも見たことがあるかもしれません。

最近では芸能人でも美容脱毛を行っている人が多数!

サロンのホームページを見てみると、芸能人やブロガーさんがサロンに来店したときの様子がアップされているところもたくさん。

おしゃれやファッションに敏感な芸能人の間でも、永久脱毛はブームなんですね。

また、昔は永久脱毛というととっても高額なイメージでしたが、最近では値段もとってもお手頃に。

月額が10,000円以下と、高校生のバイト代でまかなえるほどの金額で永久脱毛ができるんです!

そんな、お手頃価格で芸能人と同じようなサービスを受けることができる永久脱毛が、今女性の間で大ブームなんです。

脱毛の施術前には、注意点も。


そんな永久脱毛、施術の前には注意点もあるんです。

それが、先ほどご紹介した『施術の前日に、施術箇所の毛をシェービングしていかなくてはならない』ということ。

「それくらいなら全然大丈夫!」という方も多いかと思いますが、実はそう思っていても、うっかり忘れてしまう人も多いんです。

そこで、施術の前日にきちんとシェービングをしていく、ということは、必ず覚えておくべき注意点の一つなんですね。

シェービングの必要性って?

しかしこのシェービング、
「抜いたりするのはいけないの?」
「いつものカミソリでの処理と同じでいいの?」

など、疑問も多数ありますよね。

そんな疑問にお答えする前に、まずは前日に毛を処理する理由についてお話したいと思います。

光脱毛とは、上でもご紹介した通り、脱毛をしたい箇所にレーザー光線を当て、毛を生えてこなくする方法です。

しかし実は、光ならなんでもいいわけではありません。

光脱毛で使用される光は「インテンス・パルス・ライト(IPL)」という、ある一定の波長を基準としたもので、この光は、メラニン色素に働きかけ、熱を発する効果があります。

そして、毛の黒い色はメラニン色素でできています。

そのため、この光を当てると毛の黒い色に反応して熱を発します。

そして脱毛部位に当てられた光の熱は毛を伝い、毛根に集中し、そうして最終的に毛根に集まった熱が毛の根元を焼ききって破壊し、毛を生えてこなくすることができるのです。

そしてこのような施術を行う際に、毛を処理していないとどうなるでしょうか。

光はメラニン色素に反応するので、毛が伸び放題だと、その分反応する光が多くなります。

そのため、毛根に熱が集中しすぎてしまい、施術時に大きな痛みを伴ってしまうことになるのです。

これらのことから、光脱毛をする際には、前日にきちんとシェービングをしていくことが必要になるのですね。

安全なシェービングをするコツ(準備)

シェービングの重要性はお伝えしてきました。

しかし、シェービングと簡単に言っても、実はその方法はとっても厳密。

自己流のシェービングを行なっていると、肌を傷めたり、場合によっては色素沈着を起こしてしまう場合も!

そうならないために、正しいシェービングの方法をご紹介したいと思います。


まずは、シェービングを行う日。

上でもご紹介した通り、必ず施術の前日に行いましょう。

シェービングをしてから施術まで期間が開いてしまうと、毛が伸びてきてしまい、せっかくシェービングしたのにサロンでNGが出る…なんてことになりかねません。

そしてシェービングする際には、準備が必要です。

まず最初に準備するものは

目視で確認することも大切なのですが、ワキなどは目視では確認しづらいので、きちんと鏡で確認しましょう。

剃ったつもりでも、意外と剃り残しが…なんてこともありますよ。

鏡を準備できたら、まずは、お風呂などに入ってシェービング箇所を清潔にしましょう。

雑菌などをキレイに洗い流すことが大切です。

そして、次に必要なのはシェービング箇所を温めること。

これによって、シェービング箇所の肌や毛を柔らかくするだけでなく、毛穴を開かせることもでき、シェービング時の肌の負担を減らすことができるのです。

安全なシェービングをするコツ(本番・終了後)


準備ができたら、実際のシェービングです。

まず、シェービングをする際には必ずシェービングクリームを使用します。

肌が乾いている状態でのシェービングは、角質を傷つけたり摩擦を引き起こしてしまったりするため絶対にNGです。

必ずシェービング用のクリームやジェルをたっぷりと付けて、カミソリの滑りを良くしてから行いましょう

そしてようやくシェービングです。

カミソリで処理する際に注意すべきなのは、毛の流れに逆らわないように剃ること。

毛の流れに逆らって剃ると、毛を巻き込んでしまったりして肌を傷める原因にもなりかねません。

また、毛の流れに逆らってシェービングをする逆剃りや、なにも付けない状態で剃るカラ剃りに加え、力を入れたり、何度も同じ場所を剃ったりするなどのやり方は絶対にNGです。

こういった方法でのシェービングは、カミソリ負けや色素沈着の原因になるので避けるようにしましょう。

さらに、シェービング後のケアもとっても大切です。


カミソリでの処理は、角質を一緒に削ってしまうため、シェービング後の肌はとてもデリケートな状態になっています。

そのため、シェービング後は、乳液やクリームなどでの保湿がとても大切です。

万一肌が炎症を起こしている場合は、冷たいタオルで冷やし、肌を落ち着かせましょう。また、カミソリによるムダ毛処理は、どんなに丁寧に行ったとしても肌へ負担をかけることになります。

そのため、基本的にシェービングは肌や身体のコンディションが良い時に行うようにしましょう。

生理前や妊娠中、疲れている時や体調が優れない時は避けてください。

これらの流れをきちんと守ってシェービングすれば、シェービングをしてもうるうる肌をキープすることができます☆

また、脱毛前日の自己処理では、毛抜きや除毛クリームを使うのは絶対にNG!

毛抜きなどで処理してしまうと、せっかくサロンで光を当てても意味がなくなってしまいます。

必ずカミソリでの処理を行いましょう。

シェービングを忘れるとどうなるの?

ここまで、シェービングの方法をご紹介してきました。

でも、やっぱりシェービングって面倒…。

多少シェービングを忘れていたとしても、サロンでシェービングぐらいしてもらえるんじゃないの?と思う方も多いと思います。

しかしそれは、大きな間違い!

多くの脱毛サロンでは、シェービングを忘れていってしまうと、シェービング施術の追加料金を取られたり、場合によっては施術自体を断られてしまう、なんてことも…。

例えば、脱毛大手サロンのミュゼ。

ミュゼでは、施術前日もしくは当日の自己処理を原則としており、忘れた場合には、該当箇所の施術を断られてしまいます。

また、藤田ニコルちゃんがイメージキャラクターを努めていることで人気の脱毛ラボでは、シェービング1箇所につき1,000円、VIOや顔のシェービングの場合はさらに追加で500円の料金がかかります。


毎回こんな金額を支払っていたら、予算がいくらあっても足りないですよね。

そんな事態を防ぐためにも、きちんと自己処理をして、当日に臨みましょう。

また、この対応についてはサロンごとに多少の差があるようです。

自分の通うサロンではどのような対応をしているのか、きちんと確認しておくといいかもしれませんね。

自分で自己処理しきれるか不安…そんな方には!

カミソリでの自己処理方法をご紹介してきました。

処理の方法は分かったけれど、自分で処理をしきれるか不安…。

そんな不器用さんもいらっしゃるかもしれません。


そんな方におすすめしたいのが、電気シェーバー

カミソリだと、手の力のかけ具合など絶妙な加減が必要ですが、電気シェーバーならそんな心配も不要!

シェービングしたいところをシェーバーでなぞるだけで、簡単にムダ毛の処理ができてしまいます。

また、電気シェーバーならシェービングクリームなどを塗る必要もないのでとってもお手軽。

カミソリに比べ、肌への負担も少なくて済みます。

安いものなら1,000円位から、高いものだと8,000円くらいまでと価格帯も広いので、シェービングに自信のない方は、購入してみてもいいかもしれません。

また、最近では、シェービング料金も月会費に含んでいるサロンもあるんだとか。そもそもシェービングを忘れてしまいそうで不安…という方は、シェービング自体をサービスで行なってくれるサロンを探してみるのも手ですね。

まとめ

いかがでしたか?

全身脱毛前日のシェービング、不安なところも多いかと思います。

でも、今回ご紹介した方法をきちんと守れば、きっと問題なく施術ができると思います。

あなたも脱毛サロンで、念願の美肌を手に入れてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする