脱毛は毛周期との関係で施術する。その理由は?

【今話題の全身脱毛。】

今女性に話題の全身脱毛。

ぜひ通いたい!と思っている方も多いのではないでしょうか?

全身脱毛とは、サロンや病院などで身体中のムダ毛をキレイにしてもらう美容法のこと。

この全身脱毛をしてしまえば、半永久的にムダ毛の処理が必要なくなる!という、夢のような方法なんです。

でも、そんな全身脱毛、口コミを調べてみると、「思っていたよりも長くかかった…」という意見がちらほら。

また、「1回でキレイになると思っていたのに、何回も通わなくてはならなかった!」という声も目にすることがあります。

実は、この原因に『毛周期』というものが関係していることを、ご存知ですか?

ということで、今回は脱毛と毛周期の関係に迫ってみたいと思います♪

【毛周期って?】

今回ご紹介したい「毛周期」という言葉、おそらくみなさんには、聞きなれない言葉かと思います。


実は、毛には成長の周期というものがあります。

そしてその周期を大きく3つに分けて、休止期、成長期、退行期とよびます。

まず、休止期の毛は皮膚の下で待機をしている状態です。

皮膚の下で毛が生えてくる準備をしています。

そして、毛根から栄養を吸収してぐんぐんと伸びている状態のことを成長期、ムダ毛と毛根の繋がりが弱くなり抜け落ちていく毛の状態を退行期と呼びます。

それぞれの毛は、一本一本がこの3つの周期を繰り返しており、これらの周期のことをまとめて『毛周期』と呼ぶんですね。

【脱毛の仕組みって?】

そして次にご紹介するのが、サロンなどでの脱毛の仕組み。

簡単に言うと、脱毛施術では、お肌に光をあてて、その熱でムダ毛の毛根を焼き切り、生えてこないようにする、という方法がとられています。


脱毛を行うとき、施術箇所に光があてられますよね。

あの光は普通の光とは違い、黒い色が含まれるメラニン色素に反応して熱を発生する特殊なものなんです。

そのため、その光を照射すると、ムダ毛の黒い色に反応して、毛には熱が発生します。

そして毛から吸収された熱は、毛を通して根元まで熱が伝わります。

やがてその熱が毛根に集中し、毛を作るのをつかさどっている毛根の細胞を破壊します。

そしてその結果、毛根に毛を成長させる働きがなくなり、毛が生えてこなくなるのです。

【脱毛が1回で終わらない理由】

では次に、脱毛が1回では終わらない理由について考えていきたいと思います。

これには、上でご紹介した毛周期と脱毛の仕組みが深く関係してきます。

脱毛が1回で終わらないのは、端的にいうと「脱毛に使用する光が、成長期の毛にしか効果がないから」です。


なぜ、脱毛施術の光は成長期の毛にしか
効果が発揮されないのでしょうか?


まず、休止期の毛は皮下深くにあります。

そのため、表皮には黒い色が表れず光をあてても効果が期待できません。

また退行期の毛は毛根との繋がりが弱い状態にあります。

そのため、退行期の毛に熱を加えても、毛根までうまく熱が伝わらず、脱毛の効果が出ないのです。

ちなみに、部位にもよりますが、全ての毛の中で成長期にあるものはおおよそ30%〜40%。

このため、全身脱毛の施術の際に当てられる光は、当てられた部分の全ての毛に効果があるというわけではなく、照射したうちの30〜40%の毛にしか効果が発揮できません。

これらのことから、1回の施術では全ての毛をキレイにすることができないんですね。

【何回サロンに通えば、きれいになるの?】

仕上がりの希望具合にもよりますが、まずは最低でも6回の施術は必要です。


施術を6回続けると、
毛量は一般的に50%減少するといわれています。

逆に言えば、6回施術をしたとしても、約半分の契約は残ってしまうということになります。

ただ、ワキなどの毛が太い部位では効果が実感されやすいので、6回程度でも十分に効果は実感できると思います。

また、元々体毛が薄い、という方も、6回でかなり満足いく仕上がりになります。

全身を完全にキレイにしたい場合は、12回以上の施術が必要であると言われています。


一般的に、12回以上の施術をすれば、

どの部位でも80〜90%の毛がなくなります。

全ての毛を完全になくしたい!という方は、サロンの方と相談の上、多めの回数での施術をおすすめします。

また、回数制のサロンの場合、「6回施術してから様子を見てみる」という方をよく耳にしますが、それはあまりおすすめしません!

なぜなら、『6回+6回』の方が、『12回』で申し込むよりもかなり割高になってしまう場合が多いからです。

サロンで申し込みをする前に、どれくらいキレイにしたいのか?というイメージをはっきりさせた方がいいと思います。

【一番効率良く脱毛するには?】

では、12回サロンに通えばつるすべ肌!月1回だとして、12ヶ月通えばOKなの?

…残念ながら、そういう訳ではありません!

先ほどご紹介した毛周期が変わる周期は、一般的には2ヶ月以上と言われています。

そのため、2ヶ月以内に同じ箇所に複数回レーザーを照射しても、脱毛にはあまり効果的ではないのです。


だから、一番効率のいい脱毛方法は、

脱毛部位を2ヶ月に1回照射してもらうこと。

これ以上の期間があくと、時間がかかってしまいますし、これより短い期間だと、毛周期が入れ替わっておらず、脱毛の効果を発揮できません。

2ヶ月待たなきゃいけないなんて、時間がかかってしまって悔しいけれど…


でも、今さえがんばれば半永久的につるすべ肌!

一番効率的に脱毛を進めたい場合は、2ヶ月に1度サロンに通うことをおすすめします☆

【部位によって毛周期は異なる?】

また、部位によっても毛周期は異なります。

いわゆる体毛(ムダ毛)のうち、毛周期の短いのは腕の毛で、毛周期は3か月~4か月です。

腕は半袖などを着たときにも外にさらされやすい部分であり、外からの衝撃を受けやすいところでもあるため、毛周期が短いようです。

腕に次いで周期が短いのが、ワキの毛です。

ワキの毛の毛周期は、腕よりもちょっと長く、だいたい4か月前後、長くても5か月程度であると言われています。

わき毛の場合も、摩擦が多い部位ですから、寿命自体はそれほど長くはなりません。

また、ワキは毛自体も比較的太いので、脱毛時の効果が現れやすいのも特徴です。

脚部分の毛周期も比較的短く、だいたい4か月~5か月と言われています。

脚も腕と同じく、外からの接触を受けやすいこと、また紫外線などの影響を受けやすいことから、毛の寿命も短いようです。

一方、毛周期が長い部位として有名なのが、Vラインの毛です。

頭髪は5年という身体の毛の中で最も長い毛周期を持つ部分ですが、Vラインの毛はそれに次いで毛周期が長く、1〜2年といわれています。

頭と同様、重要な部位の保護の役割があるため、その毛周期が長くなるようです。

このように、毛周期といっても、その部位によって少しずつその期間が異なってくる、ということを知っておくと便利です♪

【サロンによって施術回数が違うって本当?】

さらに、大切なのがサロンによって施術の回数が異なるということ。

これは、仮に全身を施術する場合、1回の予約で全身のどれだけの範囲を施術してもらえるか、ということです。

例えばサロンAでは、1度予約をとれば、全身をまとめて施術してもらうことができます。

一方サロンBでは、全身を12のパーツに分けて毎回施術してもらう、という形式です。

この例であれば、サロンAでは2月に1度通い、1年後には6回の施術が済んでいる計算ですが、サロンBでは毎月通ったとしても、1年でようやく全身を1回施術完了することになります。

こういったところもサロンによって異なるポイントなので、毛周期とともに調べておくといいかと思います。

【まとめ】

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介した毛周期と全身脱毛の関係は、脱毛を考えている人の多くが、あまり理解していません。

この知識がないまま脱毛を始めてしまうと、サロン選びを間違えたり、申し込んだサロンに不満を抱いてしまったりすることにつながります。

あなたも全身脱毛で、ムダ毛レスなつるすべ肌を手に入れちゃいましょう☆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする